製糸業の工場制工業化と繭の乾燥 
鈴木淳 (東京大学)

 本報告では、繭の乾燥技術を取り上げ、日本の自然環境が工場制工業化の過程に及ぼした影響を考えたい。
日本では従来から生糸が生産されていたが、1859年に外国貿易が本格化すると、輸出産業として急速に成長し、1930年代に至るまで日本の最大の輸出品であった。生糸の生産は、養蚕と製糸の二つの工程からなる。このうち、養蚕は日本の自然環境に合わせて形成されていた在来技術が、発展しつつ普及していった。製糸は、従来は農家で養蚕と共に行われていたが、1870年からイタリアの小規模工場の製糸技術が移入され、1872年にはフランスの大規模工場の技術を移植した官営富岡製糸場が開業した。これらの技術を参照しつつ、当時の国内の工業技術や資金力にあわせて簡易化し、1880年代までにボイラーや動力を用いた工場制の製糸技術が形成された。1900年前後には工場制での生糸生産が養蚕農家の兼業によるものを上回り、1910年前後には輸出量が中国を上回り、世界一の生糸輸出国となった。このころから、養蚕には一代雑種が導入されて繭の品質が向上し、製糸では先進国とほぼ同水準の機械が開発され、以後日本が技術的に世界最高水準を保ちながら1930年代のピークに至る。
しかし、生糸の工場制生産が確立する過程で、富岡製糸場が置かれた群馬県では、養蚕農家による製糸を基本に、その製品を共同で揚げ返すことで品質の統一を図る改良座繰が主流となり、製糸の工場制工業化は長野県の諏訪を中心に進んだ。この工場制工業化の遅れ、ないし地域的偏りについて、未だ説得的な説明はなされていない。
報告者が注目したいのは、生糸の工場制生産に必要な、繭を乾かす技術である。養蚕農家が合わせて製糸を行う場合、繭ができると速やかに製糸をはじめ、半月ほどの間に製糸を終えたので、繭の保存については気にする必要がなかった。十数日経つと、繭を破って蛾が出てしまうので、その可能性がある場合には、繭に直射日光を当てて干し、蛹を殺していた。これに対して工場制の製糸の場合には、長期間操業するため、殺蛹した繭を乾燥して貯える必要があった。繭に直射日光を当てると、品質を損ねるので、製糸先進国であるイタリアやフランスでは蒸気を当てて殺蛹し、自然乾燥させて保存しており、日本にもその技術が紹介された。しかし、繭の乾燥が課題となる7,8月の湿度は、MilanoやLyonでは57~67%であったのに対し、日本や中国の製糸地帯では80~84%におよび自然乾燥だけでは十分でなかった。そこで、日本や中国での製糸業の工場制工業化には、火力での繭乾燥の技術を確立する必要があった。そのために、保温性、耐火性がある乾燥室が作られたが、1897年に上海周辺の養蚕地帯を視察した群馬県の養蚕家は中国の乾燥室の方が日本の一般的なそれより優れていると報告している。両国の煙突や煉瓦の利用の歴史を考えれば、当然である。蒸気管や回転装置、扇風機などの機械要素もとりいれて、さまざまな試行錯誤が行われた日本で乾燥技術が確立するのは1910年前後と遅かったが、試行錯誤はその後の乾燥の機械化へとつながって行った。
日本の中でも、諏訪地方は湿度が低く、十分に乾燥しない繭でも保存できると知られていた。実際には平均湿度のデータだけで諏訪の好条件を裏付けることは難しく、気温や他の条件も作用していると考えられるが、当時の日本人はヨーロッパとの差異を「多湿」として認識していた。
ヨーロッパと日本・中国の気候の違いは工場制工業技術を導入する上で障害となり、それは中国でより早く解決され、日本では技術開発の誘因となったが解決は遅れた。そこで、例外的に自然環境に恵まれた諏訪で工場制生産が先行して発達し、生糸の品質に敏感な先進地域である群馬県では、繭乾燥の技術が確立するまで、その必要がない改良座繰が主流だったと考えられる。



Cite this blog post
Aleksandra Kobiljski (2017, September 28). . Japan Technology and Industry Working Group. Retrieved June 16, 2024, from https://doi.org/10.58079/qjnh

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.